肺炎球菌ワクチン(成人用)

ホームインフルエンザ 予防接種肺炎球菌ワクチン(成人用)

成人用 肺炎球菌ワクチンのご案内

平成26年10月1日より、「成人用肺炎球菌ワクチン」が定期接種になりました。
・接種料金は一回、4000円(税込)です。
診療時間内に肺炎球菌ワクチンの接種を行なっております。


健康保険証など、本人であることが確認できるものを持参して下さい。
・肺炎球菌ワクチンは、1回の接種で5年程度の間、免疫が維持されます。毎年の接種は必要ありません。また、一年を通じて接種が可能なワクチンです。
※高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期接種Q&Aはこちらから(厚生労働省のホームページ)ご覧ください。
現在、二つの制度が併存しているため、詳しくは下記をご覧ください。

65歳未満の方で接種を希望される場合は、全額自己負担8640円(税込) となります。

予防接種法に基づく定期接種の対象者

(1)平成26年度から平成30年度までの間は、各年度中(4月1日~翌3月31日)の間にそれぞれ、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
(2)平成26年度に限り、平成26年3月31日に100歳以上の方
(3)60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に身体障害1級程度の障害のある方
※過去に成人用肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)の接種を受けたことのある方は対象となりません。

堺市独自の助成による任意接種

接種日において満65歳以上で上記定期接種の対象者に該当しない方
 
※ 堺市に住民登録のある方が対象です。
(平成26年10月1日から平成31年3月31日まで)

肺炎が日本人の死因の第3位に上昇!

 日本人の3大死因といえば、
1位、悪性新生物(がん)
2位、心疾患(心臓病)
3位、脳血管疾患(脳卒中)でした。
ところが最近、脳血管疾患に代わり、肺炎が3位に入りました。
厚生労働省が公表した2011年の人口動態統計によれば、死因別死亡数の割合は、1位・がん28.5%、2位・心疾患15.5%、3位・肺炎9.9%、4位・脳血管疾患9.9%です。
肺炎で亡くなる方の95%は65歳以上です。
肺炎は、主に細菌やウイルスなどが肺に入って起こる病気です。肺炎の最も多い原因菌は、肺炎球菌です。
肺炎球菌ワクチンは、1回の接種で5年程度の間、免疫が維持されます。
高齢者や、呼吸器疾患、糖尿病のある方など、リスクの高い方は、インフルエンザワクチンとあわせて接種を検討しましょう。
堺市堺区の内科、堺駅より徒歩8分、堺東駅より10分 高血圧、循環器専門医、総合内科専門医、認知症、リハビリ、骨粗鬆症、インフルエンザ予防接種