循環器内科 高血圧・動脈硬化外来

ホーム循環器内科 高血圧・動脈硬化外来

循環器内科は、心臓疾患を扱うと同時に、全身の動脈硬化の進行を予防する内科です

循環器専門医による診察を行ないます(月火木金土曜日)。
高血圧・胸痛・呼吸苦・むくみ・動悸・不整脈の症状のある方はご相談ください。

高血圧症、狭心症、心筋梗塞の不安がある方や心電図に異常があった方などを対象に、心臓エコー検査などの精密検査や、治療にあたります。
 

不整脈、狭心症などの心疾患では、発作的に症状や所見が出現することが多く、さらに非発作時の心電図が全く正常であることも珍しくありません。そのような場合、長時間の心電図検査によって発作時の変化を記録し、疾患の有無や重症度を判定する必要があります。当院では24時間ホルター心電図検査を用いて診断に役立てています。
 

動脈硬化・心臓病の原因となる生活習慣病(高血圧、高コレステロール血症、糖尿病)、メタボリック・シンドロームの治療も積極的に行なっています。

これまで心血管インターベンション治療学会認定医(塚田敏医師)として、心筋梗塞と狭心症の疾患を数多く診療してきた経験を活かし、冠動脈ステント留置術を受けられた方の内服加療を行っております。

心臓エコー検査は心臓の身体検査です
心エコーは無痛で身体的な負担が少ない検査です
不整脈の診断に心電図検査は必須です

ホルター型心電図検査

小型の記録機を装着して、通常通りの生活をしていただき、長時間の心電図を記録します。 記録されたデータをコンピューターで解析して診断する検査です。自覚症状の記録と対比して、動悸の原因や胸痛の原因を調べます。 検査会社に提出した上で解析しており、後日に所見をご説明できます。当院では2台のホルター心電計を使用しています。
検査時の制限は少なく、入浴やプールに入られる事だけをお止め頂くことをお願いしています。
不整脈の診断に有用です。
堺市堺区の内科、堺駅より徒歩8分、堺東駅より10分 高血圧、循環器専門医、総合内科専門医、認知症、リハビリ、骨粗鬆症、インフルエンザ予防接種