消化器内科

ホーム消化器内科

腹痛 吐き気 嘔吐 下痢 便秘 食欲不振 腹部膨満感 など

食べた物を消化吸収していく内臓(胃腸や肝臓・膵臓など)の病気を診療します。
腹痛や嘔吐、下痢、便秘、倦怠感、黄疸などの症状がある方はご相談ください。
慢性肝炎に対しては、堺医師会の地域連携クリニカルパスに従い、インターフェロン治療など高度な加療も行なっております。

胃透視

当院では上部消化管(食道・胃・十二指腸)のX線造影検査(胃透視)を、おこなっております。
バリウムを含んだ造影剤が、食道から胃に流れていく様子を観察することで、食物の通過障害の有無や、胃壁の性状を観察することが可能です。胃カメラと違い、胃の形全体をひと目で俯瞰できるのが利点です。
検査で異常が疑われた場合は、胃カメラ等による精査が必要となるため、近隣の検査可能な病院に紹介いたします。
胃の形をチェックできるのが胃透視の特徴です。
堺市堺区の内科、堺駅より徒歩8分、堺東駅より10分 高血圧、循環器専門医、総合内科専門医、認知症、リハビリ、骨粗鬆症、インフルエンザ予防接種